FC2ブログ

Entries

My Sugar Van (Vol1)

去年の10月に我が家にやってきた愛すべきVan。


1989年式バナゴンシンクロウエストファリア。バナゴン4WDベースのキャンパーです。


ワーゲンの水平対向エンジンは前から気になっていたんです。アメ車のV8エンジンを乗り継いできましたし、バイクもVツインで、つまりドロドロ、バサバサ、ドッドッドッ的振動がやめられないのですね。


でも、このバナゴンってやつだけは、ナイナ、と思ってました。だってレトロワーゲン群に共通する愛らしさが感じられず、半端な近代化の末の醜いアヒルの子にしか見えなかったものですから。


その前の年の、ある秋の日、紅葉狩りに出かけての帰り道、お子の母乳の時間ということで、国道から少し下った渓流沿いの広場に入っていったのです。


すると・・・・イ・タ・ノ・デ・ス・・・・。


くたびれた銀のバナゴンが、しかもキャンパー、更に4WD。その佇まい、確かに不恰好ではあるけれど、馴染んだ道具のような、オトナの存在感がありました。


オーナーはこのバナゴンで各地にバードウォッチングに出かけている方です。セットされたテーブルで書き物をされていたところでしたが、いろいろと説明していただきました。


車内は、もう使い込まれています。機能的な家具や装備に驚きました。エンジンをかけてもらうと、ヘッドこそ水冷化されているものの、当にボクサーエンジンのビート。その4WD機構は、ミルスペックということで、ビスカスによるスタンバイフルタイムで、ローレンジトランスファーこそないものの、4速マニュアルトランスミッションにはエクストラローが加わり、更にリアデフを完全にロックできるバキュームデフロックも標準装備されていて、4WD好きの身には刺激的過ぎる出会いだったのです。


もう、すっかりやられてしまったのでした、醜いアヒル君に。



20060701225731.jpg

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://pankepenke.blog71.fc2.com/tb.php/8-c9fa2bb4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パンケペンケ

Author:パンケペンケ
 東京から山形の小さな町に越してきて早数年。最近20年ほど前のワーゲンバナゴンキャンパーの4駆を手に入れて、初期化するべく奮闘中しながらも、ガンガン使い倒していますよ。そのほかに嫁のマイルームカーと、加えて最近は週末の朝のお散歩にしか使っていないスポスタと、あと、実はまだ他にも・・・・って、オイオイ大丈夫かよって感じなのですよ。
 これらを駆使して、東北地方を中心に東西南北春夏秋冬上下陰陽表裏寒熱、旨い食べ物と抜群の景色と面白い爺ちゃん婆ちゃんをさがして奔走しておるのです。




最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索