FC2ブログ

Entries

きじ蕎麦求めて深雪の月山越え

1月の厳しい寒気は緩みましたが,積もった雪はそう簡単には減りませんねぇ.そんな中,深雪の月山を越えて「きじ蕎麦」を食べに行ってきました.鶴岡側の月山山麓にあるこの蕎麦屋さん,いろいろと食べ歩いて,「蕎麦は我が近隣の村山の3店」という結論に達した我が家でもかなり旨いと評価できるお店なのです.その蕎麦屋さんが冬限定できじ蕎麦を出していると聞けば行かないわけにはいきません.注文して待つこと暫し.運ばれて...

秋の北海道.道中風景集Ⅱ

根釧原野北端の山々丹頂親子は牧草地で捕食の訓練初霜の朝大雪南麓の森ポンチン川!道中は定番の美瑛大雪西麓の秋空大雪に満月...

秋の北海道.道中風景集Ⅰ

道中,一行の足を止めさせた風景集Ⅰ.日高の牧場街道二十間道路はエゾヤマザクラの並木道.鮭が帰ってきた小さな川.全身傷まみれの鮭が川を遡上しています,判るかな?イモッペ!!五月雨の如き,フンベの滝.北の厳しい海岸線地帯.十勝平野の雨上がり.河川敷のハルニレ.センチメンタルな道東の夕景....

点描.恒例秋の北海道

留守にしていました. 恒例の秋の北海道です. 来年はお姉ちゃんが小学生になるので,秋は今年が最後になります.独身時代から22年間,長女誕生の年を除いて毎年彷徨っていた秋の北海道のフィナーレです・・・・なんて,まあ,大げさすぎですかね. その道中を気の向くままに.   仙台発苫小牧行きフェーリーにて.運動会が出来るほどの広い甲板でヨーイ,ドン!   12時間の船旅を経て北海道に上陸.苫小牧フェリー埠頭...

秋の北海道08:現地調達で手作りティータイム

長旅で単調になりがちな移動の途中.子供にも退屈なものです.そこで時にはお茶を沸かしてスローなティータイム.オホーツク海沿岸の能取岬のはらっぱで遊んだ後,岬に群生していた熊笹を摘んで熊笹茶を淹れてみました.お茶の友には,これまた前日に野付半島を散策したときに採って来たハマナスを砂糖煮にしてみました.  どこにでもある熊笹.我が山形にもたくさんありますね.  ハサミで適当に切って.  水で煮出...

秋の北海道08:湿原の森を散策

釧路湿原をとり囲んでいる低山のとある場所.森の散策に出発です.  娘も今年は自力完走を目指します.熊笹が生い茂る広葉樹林はアップダウンを繰り返す行程です.紅葉はほぼ終わり,枯れ葉落ち葉の晩秋の森です.所々にヤマブドウやコクワの実が生っていますねぇ .甘酸っぱい実をツマミ食いしながらの軽快な足取りです.  熟れた実は甘い!この森はエゾ鹿の生息地です.今年は遭遇しませんでしたが・・・・・,あれ...

秋の北海道08:風景1

北海道は本州以南とは違う独特の風景を呈しています.北海道特有の家屋の造りや植生の種類などがその背景にあるようですが,道東エリアまで行くと地形もかなり独特の様相です.なかでも,川の下流が葦原の湿原に蛇行して海に果てる風景は好きなものです. 国道243号に架かる萬年橋からみたヤウシュベツ川の風景. 同じく下流側の風景.遠くに見えるオホーツク海.根釧台地の辺縁地帯....

秋の北海道08

留守にしてました.10月の某週に北海道に行って来ました.毎年恒例の秋にとる夏休み.毎度の無計画的突発的日和見的無問題的逍遥的蝦夷見聞紀行ですよ.まずは八戸まで.フェリー埠頭まで.22時に出航して翌朝7時には苫小牧上陸ですね.さあ,どんな行程になりますことやら.  フェリー乗船前.高揚してきますね.  娘も興奮気味でオドケてます....

Appendix

プロフィール

パンケペンケ

Author:パンケペンケ
 東京から山形の小さな町に越してきて早数年。最近20年ほど前のワーゲンバナゴンキャンパーの4駆を手に入れて、初期化するべく奮闘中しながらも、ガンガン使い倒していますよ。そのほかに嫁のマイルームカーと、加えて最近は週末の朝のお散歩にしか使っていないスポスタと、あと、実はまだ他にも・・・・って、オイオイ大丈夫かよって感じなのですよ。
 これらを駆使して、東北地方を中心に東西南北春夏秋冬上下陰陽表裏寒熱、旨い食べ物と抜群の景色と面白い爺ちゃん婆ちゃんをさがして奔走しておるのです。




最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索